男性用育毛シャンプーの成分

男性用の育毛シャンプーにはさまざまな種類がありますが、どの育毛シャンプーもだいたい10種類の効能に分けられます。
男性ホルモン抑制、血管拡張、栄養補給、抗脂漏、保湿、消炎、頭皮代謝、抗菌、角質溶解、抗酸化の10種類です。
含まれている成分がこの10種類の効能のうち、どれを含んでいるかによって、育毛シャンプーの価値が変わります。
以下に主な効能を紹介してみます。

男性ホルモンのテストステロンは、男性女性問わず体内に含まれているものです。
このテストステロンが酵素によって変換され、脱毛ホルモンが生成されます。
脱毛ホルモンが増えると薄毛や抜け毛の原因になるため、脱毛ホルモンを生成する酵素を抑制する成分が育毛のために役立ちます。

また、頭皮や髪への栄養補給はとても重要です。
体の内側の血管から与えられる栄養と、育毛剤などで体の外から与えられる栄養の2種類があります。
頭皮や髪に必要なビタミン塁などの栄養を与えることで、頭皮細胞を活性化させるので、育毛の促進に繋がります。

頭皮の肌荒れがひどい場合も、育毛の妨げになります。ひどくなると湿疹やにきびが頭皮にできてしまいます。
髪のせいで普段はよく見えませんが、肌にできるにきびや湿疹のように手でいじると悪化してしまいます。
このような状態になるのを防ぐため、育毛シャンプーに含まれた消炎成分で肌荒れを改善する必要があります。
頭皮に良い消炎成分で頭皮環境を整えることは、育毛にとても大切です。

角質溶解成分は、いわゆるフケを予防することに繋がります。
頭皮には保湿も必要ですが、フケにはまず頭皮の角質を膨潤させてから軟化させることが効果的です。
頭皮を柔らかくすることは、フケを予防するだけでなく、頭皮の代謝や頭皮環境の改善にも繋がるため、脱毛予防、育毛促進に繋がります。

また、お肌と同様に、頭皮にも皮脂分泌があるので、毛穴の酸化や活性酸素は頭皮の老化を早めてしまいます。
このような毛穴の酸化や活性酸素を抑制するのが抗酸化成分です。
頭皮に抗酸化成分を与えることで、皮脂による毛穴の酸化や活性酸素の活動を抑制することができます。

以下はオススメ育毛関連サイトです。
脱毛に効く育毛シャンプーの効果比較サイト

抜け毛に効く育毛シャンプーの効果比較サイト

薄毛に効く育毛シャンプーの効果比較サイト